大切な家の模様を知る事で生活をもっと豊かにしてくれますよね。

PR|  住宅ローンの無料相談なら

●砂壁状模様(じゅらく)
パターンの仕上げ方法と特徴
アクリルエマルジョンに微粒子骨材を混入し、専用ガン(リシンガン)で吹付塗装で造
る。左官仕上げのじゅらく壁に似せて考案されたもので、骨材をリシンより微粒子したもの。室内の仕上げにも使用できる。

●ゆず(柚子)肌模様
パターンの仕上げ方法と特徴
高粘度料を乱糸ガンなどの専用ガンを使用して吹き付け塗装で造る。ガン口径を小さめにして凹凸模様より小さな模様を造る。ローラーによるさざ波模様の上にトップコートを塗装すると模様が滑らかになり、さざ波というよりゆず肌模様になることがある。

●さざ波模様
パターンの仕上げ方法と特徴
外壁仕上げ材の高粘度塗料を鎖骨ローラーを使用して造る。
ローラーによるさざ波状模様のローラーによる仕上げの分類に入る。
スッチプル模様ともいう。

●凹凸模様
パターンと仕上げの特徴
外壁仕上げ材を専用ガンで吹付塗装して造る。
外壁仕上げを厚塗り後、専用ローラーでパターン付け
最近あまり使用されないが、クレーター(月面状)模様もこの分類に入る。

 

コメントを残す