一戸建ての雨風対策は玄関前に二重玄関

軒はしっかりと取った方がいいと思います。注文住宅で一戸建て住宅を建てる際において、軒は大きめぐらいがちょうどいいように思いますよ。なんだったら玄関前には、アパートの廊下ぐらいの幅の軒を作っておいた方がいいと思いますもん。

その理由は、やっぱり雨風をしのげるからです。なんだったら、北海道ではお馴染みの20玄関を本州の住宅にも採用した方がいいと思いますもん。二重玄関を見たことがないという人は、玄関ドアの前にサンルームのような囲いがついている玄関をイメージしてください。そのイメージで、大体合っています。

正直、家の外観としてのオシャレ度は下がることでしょうけれど、しかし二重玄関って機能的です。ですから年を取って「オシャレは我慢」が受け付けなくなってしまった今となっては、玄関ドアを二重玄関にしたいぐらいですから。しかも一重目の玄関の鍵は開けっ放しでも、防犯上とくに問題もないですし。何より雨よけと雨具置き場に最適ですからね。

雨の日にはとくに上記のようなことを考えてしまいます。そうしますと、「軒を長く」もいいけれど、それよりも「二重玄関」の方が良いように思えてきます。