内壁建材としてのシラス壁

内壁建材

高千穂シラス壁(高千穂シラス株式会社)
高千穂シラス株式会社は省エネのZEHの新築一戸建てにも最適なシラス壁という変わった壁材を取り扱っています。
内装仕上げ材、外装仕上げ材、舗装材などがございます。
そもそもシラスとは特殊な土であり、マグマが岩石になる前に粉末状になったものがシラスになります。シラスは養分を持たない原始的な土と言われています。一般的な土は、植物や微生物がもたらす作用によって様々な有機物質が混ざっています。
シラスは非常に細かい微粒子の中に無数の穴が空いているという複雑な構造をもった物質です。これによって除湿性能や、ニオイや化学物質などを吸着する機能があります。
また、シラス壁は寿命が長く、例えばローマ時代に建てられたパルテノン神殿や、ピラミッドのコンクリートの原料としたシラスが使われており、今もなお原型を留めております。
壁の着色にも、天然の鉱物顔料を使っているため、紫外線に強く、色あせや劣化に強いです。
製造方法が変わっていまして、天日乾燥で水分を飛ばすだけで製品化できるため、珪藻土のように焼成工程がなく、環境にも良い商品です。
http://www.nyg.gr.jp/