子供のいる家庭のリフォーム

小さな子供がいると、住宅に住みながらリフォームを行うという方法を取る場合に気をつけなければならない点がいろいろ出てきます。とりわけ小さな子供の場合は好奇心が強いため、どうしても工事を行っていると現場に近付きたがるもの。現場には工具など危険なものがたくさんありますので、小さな子供が入ってきて勝手に触ったりすると大けがをしてしまうようなことにもなりかねません。

 

内装リフォームなどの場合は家の内外を業者が出入りするので、その邪魔にならないようにする配慮も必要です。ただし子供のことですから、どんなに言い聞かせてもなかなか思う通りにはいかないもの。そのため、工務店側にも事前に小さな子供がいることを話しておき、実際に工事に入る人たちにも気をつけてもらうように伝えておきましょう。

ペットを飼っている場合も同じように、工事中にドアを開けた瞬間に逃げ出してしまったり、大きな音に怯えないよう気をつけてあげたいものです。

 

コメントを残す