シックハウス症候群

シックハウス症候群というのは、新しい住宅に住み始めたことで生じる、体の不調です。食欲がない、体がだるい、すぐに風邪をひく、疲れやすい、よく眠れない、目覚めが悪い、鼻が詰まる、のどが痛い、偏頭痛がする、イライラするなどの症状が一般的によく見られるものとして挙げられています。ほかにもアレルギーに似た症状で、湿疹や鼻炎、肌荒れを含む皮膚炎や皮膚の乾燥、からのかゆみなどもそのひとつです。
こうした症状は新築住宅でしばしば問題視されることですが、太陽光リフォーム工事を行った際も例外ではありません。
最近の住宅には化学物質を多量に含む建材がたくさん使われていますので、リフォームの際にもそのような建材を用いられることになれば、じゅうぶんにシックハウス症候群を引き起こす可能性があります。特に高齢者や子供によく見られる傾向にありますが、免疫力が低下しているような方も同様に危険度も高いといえます。
リフォームを行う場合には、こうした点にも注意していただきたいと思います。

 

コメントを残す